当院のニキビ・ニキビ跡治療

ニキビにはホルモンによるもの、ストレスによるもの、皮脂の分泌異常など様々な原因があります。当院では、ニキビ治療に対してはカウンセリングの上、治療方法を決めています。
ニキビやニキビ跡を完全になくす事は難しいですが、少しでも肌の状態を改善し、ニキビの出来にくい肌やニキビ跡が目立たない肌を目指して治療を行います。

大阪心斎橋の美容皮膚科・外科ヤナガワクリニック

こんなお悩み、ありませんか?

  • ニキビが気になる
  • 繰り返しできるニキビに悩まされている
  • ニキビの赤みを消したい
  • ニキビ跡が気になる・解消したい
  • ニキビがなかなか治らない
  • クレーターをきれいにしたい

ニキビの種類

白ニキビ(閉鎖面皰)

毛穴に古い角質や汚れが詰まり、皮脂が排出されなくなって膿が白く見えている赤ちゃん状態のにきびの素です。やがて皮脂が詰まった毛穴が少しずつ膨らんで、盛り上がって行きます。

黒ニキビ(開鎖面皰)

白ニキビと同じように、ニキビの初期段階で毛穴が開いて皮脂が空気に触れて酸化することで黒ずんだ状態です。この段階では化膿や炎症を起こしておらず、皮膚科の治療を受ければ、早めに跡を残さず治すことができるといわれています。

黒ニキビ(開鎖面皰)

白ニキビと同じように、ニキビの初期段階で毛穴が開いて皮脂が空気に触れて酸化することで黒ずんだ状態です。この段階では化膿や炎症を起こしておらず、皮膚科の治療を受ければ、早めに跡を残さず治すことができるといわれています。

赤ニキビ(炎症性ニキビ)

黒ニキビが進行すると毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こして赤くなり悪化します。この炎症がさらに悪化すると痛みを伴ったり、ニキビ跡の原因となります。

ニキビ跡とは

ニキビを間違った自己診断で治そうとすると悪化させる結果となり、ニキビが収まってからも表皮近辺で炎症が起こって皮膚内に赤みと黒ずみが残ります。これがニキビ跡の原因となって、皮膚が凸凹したりクレーターとなる可能性があります。

ロアキュテイン(ニキビ用 内服薬)

大阪 心斎橋の美容皮膚科 ヤナガワクリニック

ビタミンA誘導体である合成レチノイドという成分でできたニキビ治療に効果のある内服薬です。
皮脂の分泌を抑える作用、アクネ菌に対する抗菌作用や抗炎症作用に優れているため、1日1回の内服で充分な効果が期待でき、重症のニキビに対し劇的な効果があります。

イソテレチノイン内服療法はニキビ治療の先進国であるアメリカやカナダでは長期に渡る治療実績があり、韓国をはじめ世界各国で使用されていますが、残念ながら日本では厚生労働省に認可されておりませんので、保険適応されていません。

内服できない方
・妊娠または妊娠している可能性がある方、授乳中の方、成長期の方
・イソトレチノイン製剤、トレチノイン製剤、ビタミンAでアレルギーを起こしたことのある方
・テトラサイクリン系の薬剤を内服されている方
・うつ病もしくはうつ気質の方
・肝機能障害のある方
・中性脂肪、コレステロールの高い方
・ビタミンA過剰症の方

注意点
・服用中の妊娠は胎児に奇形を生じる恐れがあるため、服用期間中と服用終了後半年間は妊娠しないように必ず避妊を行ってください。(男女とも)
・1年以内に妊娠を希望される方、授乳中の方は服用できません。

保険治療 内服・外用

炎症を起こしている赤ニキビなどには、内服薬や外用剤を保険治療で行います。
体質に合わせた漢方薬なども併用できます。

ニキビ・ニキビ跡の効果的な治療法

ケミカルピーリング

お肌の状態にあったピーリング剤を塗布し、ターンオーバーを促進、にきびを改善しにきびのできにくいお肌へと導きます。

ビタミントリートメント

「超音波導入」と「イオン導入」を合わせたビタミントリートメントにより、ビタミンを集中的にお肌に届けます。

イオン導入

微弱な電流の力を使い、美容液をお肌の奥深くまで導入する事により、みずみずしいお肌へと導いていきます。

ビバーチェ

毛穴の開き・キメ改善・にきび肌・目の周りのちりめんじわ・しわ・たるみに効果的です。

リフトアップリファーム

赤外線と高周波を組み合わせてたるみを切らずにリフトアップする治療法です。

美白フォト

美白フォトはメラニンに反応させ、しみ、にきび、赤ら顔を改善する治療法です。

まずはお気軽にお問い合わせください