薄毛の悩み

アクセス

〒542-0081
大阪市中央区南船場3-5-28
富士ビル南船場6F
○地下鉄御堂筋線
 御堂筋線・長堀鶴見緑地線
 「心斎橋」駅 1番出口より徒歩2分

詳しいアクセス方法は
こちら>>

薄毛に悩んでいませんか

薄毛とは、頭髪の量が減ってしまい地肌が見えてしまう症状ですが、本数は変わらないまま毛が細くなる場合と、抜け落ちて本数そのものが減ってしまう場合があります。頭髪の本数を平均で約10万本として計算すると、1日に50本から100本は自然に脱毛していると言われていますが、抜け毛が150本以上毎日続くようなら病的な抜け毛、そして薄毛と言えそうです。
現在、日本では男性の5人に1人以上、女性の6~10人に1人以上が、この薄毛に悩んでいると言われています。

こんな悩みの方が多くいらっしゃいます。

  • 最近、抜け毛が多くなった
  • 頭頂部の髪が薄くなった気がする
  • 額など生え際が後退している
  • ヘアスタイルにボリュームが出にくい
  • 髪のコシやハリがなくなった
  • 朝セットしても夕方にペシャンコになる
  • フケが出て頭皮に痒みがある
  • 分け目が目立ってきた
  • 枕やバスルームの排水口に抜け毛が多い
  • 頭のてっぺんが薄くなってきた
  • 市販の育毛剤では効果が見られない
  • 年齢のせいか髪が全体的に薄くなった
  • 出産後に急に抜け毛が多くなった

性別に関係なく仕事や人間関係等のストレス、食生活の乱れ、寝不足など薄毛の原因を抱えやすい現代社会では、ますます抜け毛・薄毛に悩む方が増え続けています。
まず、そんな薄毛の悩みを改善するためにはクリニックで専門医にご相談されることが一番ですが、手遅れにならないよう1日でも早くケアを始めることも肝心です。また、シャンプーの選び方と洗い方、ストレスの発散など自宅でできる“髪にいいこと”を日々心がけましょう。

毛髪の仕組み

毛髪は頭部を直射日光による紫外線や暑さ寒さなど自然環境から守り、また外部の衝撃から保護するクッションとして大切な役割を果たしています。
頭髪を含むすべての体毛は、実は伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しく生えてくるという“生え換わりの循環”を行っています。これをヘアサイクルと言いますが「成長期」→「移行期」→「休止期」の3期を繰り返しながら生え換わっています。

  • 成長期…毛の生えはじめから、成長が止まるまでの間 通常2~6年くらい
    今生えている頭髪の85~90%
  • 移行期…成長期から休止期に移行する過程の一時期 約2週間
    今生えている頭髪の1%
  • 休止期…毛根が退化してから脱毛するまでの期間 約3ヶ月間
    今生えている頭髪の9~14%

薄毛の最大の原因としては、このヘアサイクルの乱れが挙げられますが、さらに以下の4つの説があると言われています。

①血液循環不良説

髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて成長します。そのため血流が悪くなると成長が鈍り、髪は抜けやすくなります。

②男性ホルモン説

遺伝的に男性ホルモンに影響される感受性を持つ人にみられます。男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

③脂漏説

皮脂が異常に多く分泌されると、毛穴が詰まる、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害すると言われています。

④頭皮緊張説

成長などにより頭皮が突っ張り、頭蓋骨と頭皮の間の血管を圧迫することにより、血流が悪くなって毛乳頭細胞の活動が低下します。

しかも、これら4つの説のうちどれかひとつが薄毛の原因となるではなく、複数の原因がからみあって影響する場合が多いと言われています。

ヤナガワクリニックでは、独自の薄毛治療を研究・開発しています。
薄毛、抜け毛について、お一人で悩まずにまずは当院に一度ご相談ください。

ヤナガワクリニックの総合育毛治療

当院では患者様の症状に合わせた治療法をご提案しております。

  • ホームケア/サプリメント・シャンプー
  • ヘアメディック
  • 育毛メソセラピー
  • 水光注射
  • ビバーチェヘアー
  • ドクターズヘア
  • 育毛点滴・ビタミン点滴・プラセンタ点滴
  • AGF成長因子治療

ページトップへ↑